/page/2
人間は、蓄積がモノを言う。
 その道10年の奴と、今期から手を出しました、では勝負にならない。
 新卒と、ベテランに同じ戦力は求めない。

 歩いてきた道は嘘をつかないし、知っている道は早足で抜けることが出来る。落ちた落とし穴は2度目以降は警戒する。

 これは、「貯めてる奴が、貯めてる分野では強い」という当たり前の話であって、じゃあ若者は勝負にならないかというとそういう話ではない。

「貯める気がある奴が強い」

 若者だろうが、今まで蓄積が無かろうが「貯める気があればどこまでも蓄積されていく」

 教える側からすれば、
 貯める気のある奴には、突っ込んでモノを教えるし、考え方を教える。
 貯める気の無い奴には、近道と結果だけを出す方法しか教えない。

 教える方だってコストが高いんだから、蓄積する気の無い奴を相手にしてられないわけだ。

 教えてもらう側もこれは一緒だ。
 教えてもらう側になった時は「蓄積する気がある/ない」を明確にするのがいい。

 蓄積する必要がなければ、単純な手順だけ覚えてショートカットすればいい。
 蓄積する必要があれば、仕組みと考え方を理解しないといけない。

 それが明確なら教える方のコストだって明確だ。覚える気のない相手に、懇切丁寧に教える必要もなくなる。

(大事な事なので角度を変えて2回書きました)

 世の中の、やる事、やれる事の量はもう、とんでもないので。
 すべてを覚える事は不可能だ。

 ただし、何かをやろうとしたら、自分が出来ない事を出来る人の世話には必ずなる。
 自分にない蓄積をしている人はリスペクトしたい。

働く人が自分の能力を積み重ねる話。:島国大和のド畜生

思わず全文引用。
いろいろ同意。

(via tatsukii) dsbd (via petapeta)

2011-02-06 (via gkojax-text)

(via kohmei)

教え方のルール10カ条

1.熱意よりも何をどうすればいいのか具体的な指示を
2.「教えた」かどうかは「学ぶ側が学んだかどうか」で考える
3.結果が思わしくないのは,すべて教える側の責任
4.上手に教えたいのならコミュニケーション上手になる
5.教えるときは相手をよく観察して相手の状況をつかむ
6.相手にとってちょうどいい知識を与える
7.相手に教えたことを練習させて結果をフィードバックする
8.相手にできるようになってほしい具体的なゴールを決める
9.相手の「心」は変えられないが「行動」は変えられる
10.ゴールは必ず行動として設定する

いちばんやさしい教える技術 向後 千春 より

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/02/19(土) 23:30:08.45 ID:RHigHXA00

他人と過去は変えられないけど

自分と未来は変えられる

中学校の先生が「最近の若い人は感動した時に写メを取りますね。どんどん取りなさい、その時の気持を覚えておきましょう。それは、昔の人が俳句や和歌を読んだのと同じ理由なんですよ。あなた達の感性と同じなんですよ」とおっしゃっていたこと、思い出しました。
「みんなで」、「みんなが」、「みんなは」。。。不思議な言葉ですね。
「みんな」を使えば、どんな理不尽も、すべて正当化されてしまいます。
そして、「みんな」とは具体的に誰なのか解らず、責任の所在も曖昧になる。
こんな言葉は、平等と公平な日本社会を作る為に、使用禁止にすべきです。
違いを認め合うのが民主主義で、みんな同じにすることではないです。

あーそういえば、党名に使ってる団体もあったっけww。だめだこりゃ。。。
旅行に行く際に必ず参照するサイトがあります。それは、CIA(アメリカ中央情報局)のワールドファクトブックと呼ばれるサイトです。
 僕が知る限りでは、かなり正確でリアルタイムな情報が書かれており、特にアフリカや南米に行く際の事前情報としては、本当に助かります。また、時間があるときには、まだ行ったことがない国や、最近ニュースにとり上げられている国について、このサイトをまず見るようにしています。
5 :名無しなのに合格:2009/07/29(水) 17:37:14 ID:RJjoE9Uh0
『やる気を出す』ための最高のテクニックは、実は『やる気を出そうと思わない』ことかもしれません。
もし『やる気が出ない』と思うのであれば、
そもそも『やる気がなければ出来ない』と考えていること自体が間違いです。
つまり『感情を意識せず、体だけを動かしなさい』と言いたいのです。
『疲れている』『体がダルい』『落ち込んでいる』…そんなときに、
『元気だして頑張らなきゃ』と思ってやる気を出せる人なんていません。
そんな感情を意識すると、ますますやる気が出なくなるだけなので、
やる気や元気がなくても、
気分が晴れなくても、
淡々と体を動かすんです。
『やる気』というものは、そうやって自分が『やった』という体験を積み重ねていくことで生まれるものです。
逆説的かもしれませんが、『やる気なんてなくてもいい、やる気は後からついてくる』ということです。
みなさんも、『やる気が出なくて後回しにしていた仕事を、実際やってみると、不思議なほど集中できた』という体験はありませんか?
『気負わないで、まず体を動かしてみる』
今までやる気が出ずに勉強が出来なかった、という方、是非とも試してみてください。

例えば、以下に挙げる事象・事物を、あなたが怒ることで、「変えられる」か「変えられない」を選択していただきたい。選択基準はあなた自身の基準で構わない。あなたが変えられると思えば怒ればいいし、変わらないのであれば怒ったところで無駄でしかない。

 天気、電車の遅れ、渋滞、政治、景気、上司、部下、親、子供、友人、配偶者、恋人、自分の性格、自分の給料、自分の人生……

 いかがだったであろうか? 「怒ること」と「怒らないこと」を上手に区別することがアンガーマネジメントだ。怒って「変えられる」ときに重要なのは「いつ、どのように、どの程度、それらを変えるのか」ということ。変えられると思っているのに、怒って変わらなければ余計にイライラが募る。

 怒って「変えられない」ときに重要なのは、具体的かつ現実的な対処策を持つことだ。商談先に向かっているとき電車が遅れたときには様々な不安がつきまとう。しかし、駅員に八つ当たりをしても電車は動かない。ならば、先方に素早く連絡を入れ、違うルートで向かうという可能な限りの行動を取るべきだ。怒ることなく事態は良い方向に動き出すはずだ。

息子の人生は自分のものだから息子の人生をコントロールする権利が自分にあると勘違いした結果が加藤智大じゃないか。 加藤智大の母は本を買うにも何を買うかのチェックを入れ、いちいち感想文を書かせた。全てに母の許可が必要だった。 この行為と今回の契約書、何が違う?

bat-vomit:

afriet:

dandelion to seed head

I have wondered about this for so long.

(via sunnysnowflakes)

人間は、蓄積がモノを言う。
 その道10年の奴と、今期から手を出しました、では勝負にならない。
 新卒と、ベテランに同じ戦力は求めない。

 歩いてきた道は嘘をつかないし、知っている道は早足で抜けることが出来る。落ちた落とし穴は2度目以降は警戒する。

 これは、「貯めてる奴が、貯めてる分野では強い」という当たり前の話であって、じゃあ若者は勝負にならないかというとそういう話ではない。

「貯める気がある奴が強い」

 若者だろうが、今まで蓄積が無かろうが「貯める気があればどこまでも蓄積されていく」

 教える側からすれば、
 貯める気のある奴には、突っ込んでモノを教えるし、考え方を教える。
 貯める気の無い奴には、近道と結果だけを出す方法しか教えない。

 教える方だってコストが高いんだから、蓄積する気の無い奴を相手にしてられないわけだ。

 教えてもらう側もこれは一緒だ。
 教えてもらう側になった時は「蓄積する気がある/ない」を明確にするのがいい。

 蓄積する必要がなければ、単純な手順だけ覚えてショートカットすればいい。
 蓄積する必要があれば、仕組みと考え方を理解しないといけない。

 それが明確なら教える方のコストだって明確だ。覚える気のない相手に、懇切丁寧に教える必要もなくなる。

(大事な事なので角度を変えて2回書きました)

 世の中の、やる事、やれる事の量はもう、とんでもないので。
 すべてを覚える事は不可能だ。

 ただし、何かをやろうとしたら、自分が出来ない事を出来る人の世話には必ずなる。
 自分にない蓄積をしている人はリスペクトしたい。

働く人が自分の能力を積み重ねる話。:島国大和のド畜生

思わず全文引用。
いろいろ同意。

(via tatsukii) dsbd (via petapeta)

2011-02-06 (via gkojax-text)

(via kohmei)

教え方のルール10カ条

1.熱意よりも何をどうすればいいのか具体的な指示を
2.「教えた」かどうかは「学ぶ側が学んだかどうか」で考える
3.結果が思わしくないのは,すべて教える側の責任
4.上手に教えたいのならコミュニケーション上手になる
5.教えるときは相手をよく観察して相手の状況をつかむ
6.相手にとってちょうどいい知識を与える
7.相手に教えたことを練習させて結果をフィードバックする
8.相手にできるようになってほしい具体的なゴールを決める
9.相手の「心」は変えられないが「行動」は変えられる
10.ゴールは必ず行動として設定する

いちばんやさしい教える技術 向後 千春 より

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/02/19(土) 23:30:08.45 ID:RHigHXA00

他人と過去は変えられないけど

自分と未来は変えられる

中学校の先生が「最近の若い人は感動した時に写メを取りますね。どんどん取りなさい、その時の気持を覚えておきましょう。それは、昔の人が俳句や和歌を読んだのと同じ理由なんですよ。あなた達の感性と同じなんですよ」とおっしゃっていたこと、思い出しました。
「みんなで」、「みんなが」、「みんなは」。。。不思議な言葉ですね。
「みんな」を使えば、どんな理不尽も、すべて正当化されてしまいます。
そして、「みんな」とは具体的に誰なのか解らず、責任の所在も曖昧になる。
こんな言葉は、平等と公平な日本社会を作る為に、使用禁止にすべきです。
違いを認め合うのが民主主義で、みんな同じにすることではないです。

あーそういえば、党名に使ってる団体もあったっけww。だめだこりゃ。。。
旅行に行く際に必ず参照するサイトがあります。それは、CIA(アメリカ中央情報局)のワールドファクトブックと呼ばれるサイトです。
 僕が知る限りでは、かなり正確でリアルタイムな情報が書かれており、特にアフリカや南米に行く際の事前情報としては、本当に助かります。また、時間があるときには、まだ行ったことがない国や、最近ニュースにとり上げられている国について、このサイトをまず見るようにしています。
5 :名無しなのに合格:2009/07/29(水) 17:37:14 ID:RJjoE9Uh0
『やる気を出す』ための最高のテクニックは、実は『やる気を出そうと思わない』ことかもしれません。
もし『やる気が出ない』と思うのであれば、
そもそも『やる気がなければ出来ない』と考えていること自体が間違いです。
つまり『感情を意識せず、体だけを動かしなさい』と言いたいのです。
『疲れている』『体がダルい』『落ち込んでいる』…そんなときに、
『元気だして頑張らなきゃ』と思ってやる気を出せる人なんていません。
そんな感情を意識すると、ますますやる気が出なくなるだけなので、
やる気や元気がなくても、
気分が晴れなくても、
淡々と体を動かすんです。
『やる気』というものは、そうやって自分が『やった』という体験を積み重ねていくことで生まれるものです。
逆説的かもしれませんが、『やる気なんてなくてもいい、やる気は後からついてくる』ということです。
みなさんも、『やる気が出なくて後回しにしていた仕事を、実際やってみると、不思議なほど集中できた』という体験はありませんか?
『気負わないで、まず体を動かしてみる』
今までやる気が出ずに勉強が出来なかった、という方、是非とも試してみてください。

例えば、以下に挙げる事象・事物を、あなたが怒ることで、「変えられる」か「変えられない」を選択していただきたい。選択基準はあなた自身の基準で構わない。あなたが変えられると思えば怒ればいいし、変わらないのであれば怒ったところで無駄でしかない。

 天気、電車の遅れ、渋滞、政治、景気、上司、部下、親、子供、友人、配偶者、恋人、自分の性格、自分の給料、自分の人生……

 いかがだったであろうか? 「怒ること」と「怒らないこと」を上手に区別することがアンガーマネジメントだ。怒って「変えられる」ときに重要なのは「いつ、どのように、どの程度、それらを変えるのか」ということ。変えられると思っているのに、怒って変わらなければ余計にイライラが募る。

 怒って「変えられない」ときに重要なのは、具体的かつ現実的な対処策を持つことだ。商談先に向かっているとき電車が遅れたときには様々な不安がつきまとう。しかし、駅員に八つ当たりをしても電車は動かない。ならば、先方に素早く連絡を入れ、違うルートで向かうという可能な限りの行動を取るべきだ。怒ることなく事態は良い方向に動き出すはずだ。

息子の人生は自分のものだから息子の人生をコントロールする権利が自分にあると勘違いした結果が加藤智大じゃないか。 加藤智大の母は本を買うにも何を買うかのチェックを入れ、いちいち感想文を書かせた。全てに母の許可が必要だった。 この行為と今回の契約書、何が違う?

bat-vomit:

afriet:

dandelion to seed head

I have wondered about this for so long.

(via sunnysnowflakes)

"
人間は、蓄積がモノを言う。
 その道10年の奴と、今期から手を出しました、では勝負にならない。
 新卒と、ベテランに同じ戦力は求めない。

 歩いてきた道は嘘をつかないし、知っている道は早足で抜けることが出来る。落ちた落とし穴は2度目以降は警戒する。

 これは、「貯めてる奴が、貯めてる分野では強い」という当たり前の話であって、じゃあ若者は勝負にならないかというとそういう話ではない。

「貯める気がある奴が強い」

 若者だろうが、今まで蓄積が無かろうが「貯める気があればどこまでも蓄積されていく」

 教える側からすれば、
 貯める気のある奴には、突っ込んでモノを教えるし、考え方を教える。
 貯める気の無い奴には、近道と結果だけを出す方法しか教えない。

 教える方だってコストが高いんだから、蓄積する気の無い奴を相手にしてられないわけだ。

 教えてもらう側もこれは一緒だ。
 教えてもらう側になった時は「蓄積する気がある/ない」を明確にするのがいい。

 蓄積する必要がなければ、単純な手順だけ覚えてショートカットすればいい。
 蓄積する必要があれば、仕組みと考え方を理解しないといけない。

 それが明確なら教える方のコストだって明確だ。覚える気のない相手に、懇切丁寧に教える必要もなくなる。

(大事な事なので角度を変えて2回書きました)

 世の中の、やる事、やれる事の量はもう、とんでもないので。
 すべてを覚える事は不可能だ。

 ただし、何かをやろうとしたら、自分が出来ない事を出来る人の世話には必ずなる。
 自分にない蓄積をしている人はリスペクトしたい。
"
"教え方のルール10カ条

1.熱意よりも何をどうすればいいのか具体的な指示を
2.「教えた」かどうかは「学ぶ側が学んだかどうか」で考える
3.結果が思わしくないのは,すべて教える側の責任
4.上手に教えたいのならコミュニケーション上手になる
5.教えるときは相手をよく観察して相手の状況をつかむ
6.相手にとってちょうどいい知識を与える
7.相手に教えたことを練習させて結果をフィードバックする
8.相手にできるようになってほしい具体的なゴールを決める
9.相手の「心」は変えられないが「行動」は変えられる
10.ゴールは必ず行動として設定する

いちばんやさしい教える技術 向後 千春 より
"
"

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/02/19(土) 23:30:08.45 ID:RHigHXA00

他人と過去は変えられないけど

自分と未来は変えられる

"
"中学校の先生が「最近の若い人は感動した時に写メを取りますね。どんどん取りなさい、その時の気持を覚えておきましょう。それは、昔の人が俳句や和歌を読んだのと同じ理由なんですよ。あなた達の感性と同じなんですよ」とおっしゃっていたこと、思い出しました。"
"「みんなで」、「みんなが」、「みんなは」。。。不思議な言葉ですね。
「みんな」を使えば、どんな理不尽も、すべて正当化されてしまいます。
そして、「みんな」とは具体的に誰なのか解らず、責任の所在も曖昧になる。
こんな言葉は、平等と公平な日本社会を作る為に、使用禁止にすべきです。
違いを認め合うのが民主主義で、みんな同じにすることではないです。

あーそういえば、党名に使ってる団体もあったっけww。だめだこりゃ。。。"
"旅行に行く際に必ず参照するサイトがあります。それは、CIA(アメリカ中央情報局)のワールドファクトブックと呼ばれるサイトです。
 僕が知る限りでは、かなり正確でリアルタイムな情報が書かれており、特にアフリカや南米に行く際の事前情報としては、本当に助かります。また、時間があるときには、まだ行ったことがない国や、最近ニュースにとり上げられている国について、このサイトをまず見るようにしています。"
"5 :名無しなのに合格:2009/07/29(水) 17:37:14 ID:RJjoE9Uh0
『やる気を出す』ための最高のテクニックは、実は『やる気を出そうと思わない』ことかもしれません。
もし『やる気が出ない』と思うのであれば、
そもそも『やる気がなければ出来ない』と考えていること自体が間違いです。
つまり『感情を意識せず、体だけを動かしなさい』と言いたいのです。
『疲れている』『体がダルい』『落ち込んでいる』…そんなときに、
『元気だして頑張らなきゃ』と思ってやる気を出せる人なんていません。
そんな感情を意識すると、ますますやる気が出なくなるだけなので、
やる気や元気がなくても、
気分が晴れなくても、
淡々と体を動かすんです。
『やる気』というものは、そうやって自分が『やった』という体験を積み重ねていくことで生まれるものです。
逆説的かもしれませんが、『やる気なんてなくてもいい、やる気は後からついてくる』ということです。
みなさんも、『やる気が出なくて後回しにしていた仕事を、実際やってみると、不思議なほど集中できた』という体験はありませんか?
『気負わないで、まず体を動かしてみる』
今までやる気が出ずに勉強が出来なかった、という方、是非とも試してみてください。"
"

例えば、以下に挙げる事象・事物を、あなたが怒ることで、「変えられる」か「変えられない」を選択していただきたい。選択基準はあなた自身の基準で構わない。あなたが変えられると思えば怒ればいいし、変わらないのであれば怒ったところで無駄でしかない。

 天気、電車の遅れ、渋滞、政治、景気、上司、部下、親、子供、友人、配偶者、恋人、自分の性格、自分の給料、自分の人生……

 いかがだったであろうか? 「怒ること」と「怒らないこと」を上手に区別することがアンガーマネジメントだ。怒って「変えられる」ときに重要なのは「いつ、どのように、どの程度、それらを変えるのか」ということ。変えられると思っているのに、怒って変わらなければ余計にイライラが募る。

 怒って「変えられない」ときに重要なのは、具体的かつ現実的な対処策を持つことだ。商談先に向かっているとき電車が遅れたときには様々な不安がつきまとう。しかし、駅員に八つ当たりをしても電車は動かない。ならば、先方に素早く連絡を入れ、違うルートで向かうという可能な限りの行動を取るべきだ。怒ることなく事態は良い方向に動き出すはずだ。

"
"息子の人生は自分のものだから息子の人生をコントロールする権利が自分にあると勘違いした結果が加藤智大じゃないか。 加藤智大の母は本を買うにも何を買うかのチェックを入れ、いちいち感想文を書かせた。全てに母の許可が必要だった。 この行為と今回の契約書、何が違う?"

About:

Lifelog Sekisi gifu Japan

Following: